時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「お盆休みに帰省する」 英語では

2014年08月14日

 

 

  日本の「お盆」を伝えるとき、アメリカのマスメディアは通常、ObonBonをそのまま使う。で、「お盆休み」なら the Bon holiday あるいは  the O-bon holiday だ。

 

 「帰省する」はcome homeだから、「お盆休みに帰省する」は

 

    I will come home for the O-bon holiday.

 

 あるいは

 

  I’ll be home for the Obon holiday.

 

と表現すればよい。

 

アメリカでは自宅を離れて暮らしている大学生などはクリスマスは実家に帰り、家族共に過ごすことが多いが、そんなとき

 

 I will come home for Christmas holiday.

 

とか、

 

 I’ll be home for Christmas.

 

という。

 

 “I’ll be home for Christmas” は1943年にビング・クロスビー(Bing Crosby)が歌って大ヒットした曲で、アメリカでは誰でも知っているクリスマス・ソングだ。だから、クリスマスで家に帰るときに人々はこれを口にする。

 

で、ChristmasObon holidayに変えれば、「お盆には家に帰る」つまり「お盆には帰省する」の英語となる。

 

 ちなみに、お盆は、

 

 Japanese people welcome and console the souls of their ancestors during the  Obon season.

 

  などと説明ればよい。

 

 

 

 

 (引野剛司/甲南女子大学教授)

 

  

これらの表現は、米国での実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

 

ページトップに戻る