時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「洪水被災地で復旧作業が始まっている」を英語で言う

2018年07月09日

 

「洪水被災地で復旧作業が始まっている」の一般的な言い方は

 

 

 

Recovery efforts are underway at flooded areas.

 

 

です。

 

「洪水被災地」の言い方は少なくありません。よく見かけるものは、

 

 

flooded area(洪水被災地域)/flooded district(洪水被災地区)

flood area/flood district

food-affected area/flood-affected district

 

 

です。なかでも、flooded area/flooded districtがもっとも一般的です。floodedは動詞のfloodの過去分詞の形容詞的用法というやつで意味は「水に浸かった」「冠水した」。たとえば「水に浸かった住宅」はflooded homeと呼びます。

 

同じように、flooded areaなら「水に浸かった地域」で、われわれが「洪水被災地」や「浸水地域」と言うところで使われます。

 

Flood area/districtは直訳は「洪水地域(地区)」、flood-affected area/districtは「洪水の影響を受けた地域(地区)」です。

 

日本語では「被災地」とざっくりと表現しますが、英語はarea(地域)あるいはdistrict(地区)をつけて通常表現します。

 

実例を一つ紹介しておきます。

 

 

Lt. Col. Robert Horton said most of the National Guard troops along the Alabama coast were patrolling flooded areas and delivering generators.

(The New York Times 8/31/2005)

アラバマ沿岸沿いに駐屯する州兵部隊のほとんどが洪水被災地をパトロールし、発電機を配布している、とロバート・ホートン中佐は述べた。

 

 

 

 

「復旧作業」はrecovery effortsがよく使われます。Effortは「努力」だけではなく、「目標達成のためのきつい仕事」(ランダムハウス英語辞典)という意味もあります。日本語の「取り組み」にもあたります。

 

日本語話者は「作業」や「活動」と言えばactivityを思い浮かべるものの、recovery activitiesという表現は和製英語のように響きます。しかし、disaster recovery activities(災害復旧活動)という言い方は可能です。私のデータベースにこの使用例があります。とはいえ、より多く使われているeffortsを用いるほうをお勧めします。

 

復旧活動が「始まっている」ですが、英語発想では、be underway(進行中である)という言い方がよくされます。ですから、「西日本の洪水被災地では復旧活動が始まっている」なら

 

 

Recovery efforts are underway at flooded areas in western Japan.

 

 

と表現すると英語らしくなります。文法にこだわる人は、flooded areasの前に定冠詞のtheをつけるべきかどうかを悩むと思います。定冠詞のあるなしで、意味は若干、異なります。複数形に定冠詞が付くと「すべて」という意味が加わります。つまり、Recovery efforts are underway at the flooded areas in western Japan.なら「西日本のすべての水害被災地で復旧活動が始まった」になります。

 

現時点では、まだ被災者の「救援活動」の段階で、町や村の復旧活動がはじまっていなところもあるかもしれません。こんな時は定冠詞のtheをつけずに表現するほうがいいでしょう。

 

 

ちなみに、「救援活動」はrelief effortsが一般的で、「浸水地域で救援活動が行われている」も同じように、

 

 

 

Relief efforts are underway at the flooded areas.

 

 

 

です。最後に水害ではなく地震についてのものですが、「復旧作業が行なわれている」の実例を上げておきます。

 

 

 

Recovery efforts are underway, but aftershocks continue, and supplies of food, water and gasoline are scarce in some regions.

("Special Reports: Earthquake In Japan," Voice of America News 3/21/2011)

復旧作業が行なわれている。しかし余震が続き、食料、水、ガソリンの供給は一部地域では不足している。

 

 

 

アメリカでは、国土安全保障省によれば、自然災害のなかでもっともよく発生するのが水害だそうです。当然ながら、水害にかかわる表現は多数あります。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 7/9/2018)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

ページトップに戻る