時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「寒さが緩む」 英語では

2014年12月07日

 

 

大陸からの強い寒気が日本列島にもたらす寒さが、緩んでいます。

 

「緩む」はloosenで、「寒さが緩む」を言うことができます。ただし、日本語表現をそのまま英語にしたThe cold loosenedでは意味をなしません。

 

どのように言っているかというと、日本語の発想にはまったくない

 

 

The cold loosened its grip.

 

 

です。直訳すると「寒さはその握りを緩めた」。

 

「握力」とか「つかむ力」がgripで、He has a strong grip. (彼は握力が強い)というふうに使われています。

 

だから、「(その地域を)しっかりと握っていた寒波がその手を緩めた」と英語の世界では表現するのです。

 

寒さ(cold)を擬人化した言い方です。「寒波」や「厳しい寒さ」はthe grip of cold (寒さによって握られること)という発想です。ちなみに、ここのloosenは他動詞で「緩める」です。

 

New York Timesにあった用例を紹介しておきます。

 

 

   The harsh cold loosened its grip a bit on New York City.

 ("News Summary," The New York Times 12/24/89)

   ニューヨーク市の厳しい寒さがすこし緩んだ。

 

 

 

これは、どちらかといえば詩情のある言い方です。ストレートな表現方法もあります。

 

 

   The cold abated.

 

   The grip of cold eased.

 

 

どちらも「寒さが緩んだ」に相当します。abateは「勢いや程度が減少する」という動詞で、吹雪や北風などが「和らぐ」ときにも用いられます。easeも「和らぐ」「緩む」という意味があり、風雨などが和らぐ時にも使います。

 

「週末には厳しい寒波はゆるむだろう」なら

 

 

    The severe cold wave is expected to ease this weekend.

 

 

 と言うし、「底冷えのする寒さが緩んだ」なら

 

 

     The bone-chilling cold abated.

 

 

と表現します。

 

The cold abated.にしてもThe grip of cold eased.でも気象関係の文書やニュースにしばしばでてきます。「寒さが和らいだ」「寒さが弱まった」にもあたる英語表現でもあります。

 

 

 

(引野剛司/甲南女子大学名誉教授)

                                               (2018年12月17日更新)

 

ここで紹介している表現は、米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

ページトップに戻る