時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「自分の時間が欲しい」を英語でいう

2019年11月24日

 

 

「自分の時間が欲しい」 「ひとりになれる時間が必要」。いずれも、他の人に邪魔されずに過ごす時間や、誰かのための時間ではなく自分のための時間が必要だ、欲しいと言うときに、発する言葉です。

 

英語を学んだ日本人の大方の人は、「自分の時間」と言えば、たぶんmy timeを思い浮かべると思います。が、しかし、「自分だけの時間」というニュアンスを加えてよく使われる言葉があります。

 

 

Me time

 

 

 

です。「ひとりになれる時間/ひとりの時間」とも訳せます。

 

書く場合は、Me timeとMを大文字にしたり、“me” timeとコーテーションマークで括ったり、そのままme timeとしても使われています。文法的には変則的な表現法であり、スラングとみなされているようですが、アメリカでも、イギリスでも、広く使われています。米政府関係の文書でも使われている例もあり、俗語の域から脱出している感があります。

 

この言葉、my timeとは含まれている意味がかなり違います。My timeは単純に「自分の時間」ですが、me timeのほうは、自分がリラックスするための時間、自分の癒しの時間、自分が楽しむ時間というニュアンスが状況により含まれます。

 

 

 

念のために、Longman とOxford辞書が運営しているネット辞書LEICOとの”me time”の定義を上げておきます。

 

 

 

Time when you can relax or do things that you enjoy doing, usually on your own (Longman)

リラックスできる時間、楽しみながら何かをする時間、通常は自分ひとりで

 

 

 

Time spent relaxing on one's own as opposed to working or doing things for others, seen as an opportunity to reduce stress or restore energy. (LEXICO/Oxford)

ストレスを軽減したり、エネルギーを回復したりする機会として、自分のためにリラックスするために使われる時間。

 

 

 

 

 

という訳で、「ひとりになれる時間が必要」「自分の時間が欲しい」は、

 

 

 

I need me time.

 

I need my me time.

 

I have to have my me time.

 

 

 

と言います。“my me time”は「私の私の時間」ですから、奇異に感じられるかもしれませんが、”me time”を「ひとりになれる時間」「自分の時間」という意味の句と考えれば納得いくと思います。訳せば「私の自分の時間」あたりです。英語圏では一般化していると言えます。

 

実際にどのように使われているかを紹介します。まずは「自分だけの時間が必要だ」「ひとりの時間がいる」の例を二つ。

 

 

 

I like my "me time". I like my quiet time. I have to have my "me time."

       (Regina Agoha,"Q&A: Chief Master Sgt. Margarita Overton," Little Rock Air Force Base, U.S. Air Force 3/20/2014)

「自分の時間」が好きです。静かな時間が好きです。「ひとりになる時間」が必要です。

 

 

 

 “Who and how can people help me when  I  am  stressed  and  need  ‘me  time’?”

("Family Team Meetings," Prevention Services Network,Family Resource Center, Kenosha County, Wisconsin February 2012)

「わたしがストレスにさらされているので、ひとりの時間が必要なとき、誰がどのように手助けをしてくれるのですか」

 

 

次は「自分だけの時間を楽しむ」の用例。

 

 

 

So please just text me and let me enjoy my “me” time.

        (C.E.O Shun, Twitter 11/12/2019)

メールで送ってください。自分の時間を楽しませてください。

 

 

 

多忙な日々を送っている人にとって、自分の時間は貴重で誰からもじゃまされたくないという気持ちを「今は、自分の時間です」という言い方をよくします。その用例をいくつか。

 

 

 

This is my me time. Let me be at peace.

    (iissaabbeelleo,Twitter 11/13/2019)

今は自分の時間です。心穏やかにさせてください。

 

 

 

That’s my me time, I use it to meditate, visualize how I want my day to go, and enjoy some soothing music.

  (Darien Johnson, USA, Twitter 11/13/2019)

それは、私の自分の時間です。瞑想し、自分の一日の動きを視覚化し、癒しの音楽を楽しんでいます。

 

 

だぶん、子どもを寝かしつけて、ほっとしている子育てに追われているのだろうと想像できる、お母さんのつぶやき。

 

 

 

Logan is asleep, this is my ME time.

   (Laura,Twitter 10/31/2019)

ローガンは眠っています、今は私の時間です。

 

 

 

最後の例は、自分の時間が削られたことへの抗議のつぶやき。

 

 

 

This time change is definitely cutting into my “me” time!

   (FirpoFanatic, USA, Twitter 11/13/2019)

この時間の変更は、間違いなく私の自分の時間に食い込んでいます!

 

 

ということで、働き方改革の時代でもありますし、皆さんMe timeを確保し、有意義にお使い下さい。

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 11/24/2019)

 

 

  ここで紹介した表現は、複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る