時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

コラム一覧

「にわかラグビーファン」は英語でどう言う

2020年01月14日

 普段、関心はさほどないのに、大きなラグビー大会などになると、競技場に足を運んだり、テレビにくぎ付けになる人たちがラグビーの本場、イギリスやアイルランドにもいます。

 

 こういう人たちも「ファン」とみなされ、casual rugby fan(カジュアルファン、思いつきのファン)とかbandwagon rugby fanと呼ばれています。「にわかラグビーファン」にあたると言えます。去年11月の熱狂と感動のラグビーワールドカップ日本大会で流行語になった言葉です。

 

 実際にどんな風に使われているか紹介します。まずはcasual rugby fanから。

 

 

 

 A lot of casual rugby fans are about to watch Zach Mercer for the first time (game is on Channel 4).

   (Alex Shaw, writer, London, England, Twitter 10/13/2018)

 多くのにわかラグビーファンがザック・マーサーを初めて見ようとしています(試合はチャンネル4です)。

 

 

 

 Munster has given a lot of people a lot of joy over the years. Casual rugby fans joined in too: what of it? 

 (Dermot Keyes, deputy editor of the WaterfordNS, broadcaster, Waterford, Ireland 4/27/2019)

ミュンスターは、長年にわたって多くの人々に多くの喜びを与えてきました。にわかラグビーファンもまた、参加してきました。どうっていうことはないけれど。

 

 

 

次はbandwagon rugby fansの用例です。

 

 

 

Bandwagon rugby fans are more upset about the result than us life long supporters.

 (Mr.E Rochford, Kildare, Ireland Twitter 10/19/2015)

にわかラグビーファンは、私たち生涯サポーターよりも結果に動揺しています。

 

 

 

There's a quare lot of bandwagon rugby fans when the Six Nations come around.

 (Jordan, Leighlin,Ireland Twitter 2/23/2014)

六か国対抗戦が近づくと、変なにわかラグビーファンがいっぱいでてきます。

 

 

 

So many bandwagon rugby fans, and I just happen to be one of them.

(Magz,Twitter 11/23/2014)

にわかラグビーファンがいっぱい、私もたまたまその一人です。

 

 

 

ここのbandwagonというのは「バンドが乗った荷車」で昔、町にサーカスがやってきたときに宣伝パレードの先頭に立った車です。1800年代のアメリカでは政治家の遊説にも使われていました。

 

で、jump on the bandwagon(バンドワゴンに飛び乗る)という言葉が生まれ、現在の英語でも「時流に乗る」「勝馬に乗る」という意味で使われています。ですから、bandwagon fanとは「バンドワゴンに飛び乗るファン」「時流に乗るファン」ということになります。Bandwagon rugby fanは「時流に乗ったラグビーファン」というのが字面の訳です。

 

 

 

ネット辞書サイトのdictionary.comには次のように定義をされています。

 

 

 

Bandwagon fans only show interest and support for a sports team based on recent successes or popularity, e.g., when their city's football is going to or has won the Super Bowl.

https://www.dictionary.com/e/pop-culture/bandwagon-fan/

「バンドワゴンのファン」は、最近成功したスポーツチームや人気のあるスポーツチームにのみ関心を示し、サポートをします。たとえば、自分の市のフットボールチームがスーパーボウルに出場したり、優勝したときなどです。

 

 

 

「スーパーボウル」というのは、アメリカンフットボールのプロリーグNFLのリーグ優勝決定戦です。ということは、bandwagon fanというのは、英国やアイルランドなどイギリス圏だけの英語ではなく、アメリカでも使われている英語であることがわかります。Casual fanもアメリカ英語圏でも使われており、ともにラグビー以外のスポーツでも、またアーティスト、歌手や映画俳優、映画の大作などの「にわかファン」を言うのに使われています。

 

 

これらを使っているアメリカ人のツイターのメッセージをいくつか紹介しておきます。

 

 

 

Casual fans think that we didn't win a game and should fire Zimmer.

(Bennett Senf, head coach, Minnesota, USA, Twitter 1/12/2020)

にわかファンは、私たちがゲームに勝てず、ジマーを解雇するべきだと考えている。

 

 

ここのZimmerとはアメリカンプロフットボールのミネソタ・バイキングスの監督(head coach)です。

 

 

 

 Chiefs fans are a bunch of hillbilly bandwagon fans!!

(Stephanie Horton, Stockton, California, Twitter 1/13/2020)

チーフスのファンは田舎者のにわかファンばかりだ!!

 

 

 

「チーフス」とはミズーリ州のカンザス・シティに本拠を置くアメリカンプロフットボールのチームKansas City Chiefsで、カリフォルニア州の「都会」のファンが田舎者だとばかにしています。

 

 

じつは、「にわかファン」という意味でよく使われている英語は他にもあります。bandowagoner(バンドワゴンに乗っている人)、天候が悪いと競技場に観戦には行かないファンと言う意味でfair-weather fan(天気のよい時だけのファン)です。

 

用例をそれぞれ一つ上げておきます。

 

 

 

Just to clarify, I am a certified verified bandwagoner.

 (Josh Vrabel, Colorado, USA, Twitter 1/12/2020)

明確にしておきますが、私は認定、検証済みのにわかファンです。

 

 

 

"He's from San Diego, he loves San Diego and he isn't a fair-weather fan." 

("Marine throws opening pitch in Padres home opener," U.S. Marines, Retrieved on 1/13/2020)

「彼はサンディエゴ出身で、サンディエゴが大好きで、にわかファンではありません」。

 

 

 

これは野球のメジャー・リーグのカリフォルニアのサンディエゴ・パレドスのファンについて言っているメッセージです。

 

 

 

多くの日本人が「にわかラグビーファン」となったラグビーワールドカップ日本大会から2カ月。1月12日、日本の社会人ラグビーのトップリーグが開幕しました。ラグビー熱はまださめず、各地の開幕戦にファンが多数詰めかける映像がテレビのニュースで流されていました。

 

 

日本ラグビーフットボール協会が「にわかラグビーファン」をつなぎ留めるためのさまざまな取り組みの成果だとの分析が新聞などでされていました。「にわかファン」を取り込もうというツイッターメッセージをたまたま見つけました。

 

 

 

Stay loud & keep informing & recruiting new and casual fans!

 (Rachel, New York, USA, Twitter 1/13/2020)

声を大にして、情報を発信しつづけ、新しいファン、にわかファンを取り込もう。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 1/14/2020)

 

 

  ここで紹介した表現は、複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る