時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

コラム一覧

「外出を自粛する」「外出を控える」を英語で言う

2020年03月26日

 

 

「外出を自粛する」も「外出を控える」も日本語では同じ意味で使われています。

 

「神奈川県知事が県民に今週末の外出自粛要請」という見出しの共同通信の記事の本文では、「神奈川県の黒岩祐治知事は….(中略)、県民に今週末は不要不急の外出を控えるよう呼び掛けた」と記述されています。

 

本文の「外出を控える」との大和言葉は、見出しでは「外出自粛」と漢語表現に言い換えられています。「控える」とは「自制や配慮をして、それをやめておく」(小学館デジタル大辞泉/goo辞書)で、「自粛」にあたからです。

 

 

ということは、「外出を自粛する」を英語でいうには、「外出を控える」と理解して、それにあたる英語表現を探せばよいということになります。

 

 

「~を控える」といえば、refrain from が頭にこびりついている人も少なくないと思われます。「たばこを控える」はrefrain from smoking と受験英語で擦りこまれているはずです。

 

ですから、「外出を控える」ならrefrain from going outが思い浮かびます。実際のところ私の英語表現データベースにもrefrain from going outを使った用例が複数あります。

 

が、しかし、アメリカやイギリスの現在の新型コロナウイルス感染拡大との戦いで重要な戦術となっている「外出を控える」を言うのにrefrain fromは見かけません。では、どんな言葉が使われているのかと言うと、

 

avoid outings

avoid going out

 

 

とavoid(避ける)が使われています。実際の例を3つあげます。

 

テキサス州の州都オースチン市が市民に「不要不急の外出は控え、できるだけ屋内にとどまるよう」に呼びかけている文章です。

 

The Public Health Order asks that all Austin/Travis County residents avoid nonessential outings and stay inside as much as possible to contain the spread of COVID-19.

 ("Stay Home - Work Safe Order Information,"City of Austin, Texas,3/25/2020)

公衆衛生命令は、オースティン/トラビス郡の全住民に対し、新型コロナウイルス(コビッド19)感染拡大を封じ込めるため、不要不急の外出は控え、できるだけ屋内にとどまるよう求めている。

 

 

 

次はワシントン州の州民へのメッセージ。コロナウイルス感染拡大がまだそれほど深刻化していないときの広報文です。

 

 

 

All people should avoid going out when they are sick.

("COVID-19 PUBLIC HEALTH ADVISORY," FOR IMMEDIATE RELEASE,News Release,Chelan-Douglas Health District, Washington State 3/5/2020)

体調が悪い時は誰も、外出は控えること。

 

 

 

 

次はバーモント州保健部の新型コロナウイルス関連のメッセージの一部です。

 

 

 

If you are sick: Stay home to rest and avoid going out into public places.

("Novel Coronavirus (COVID-19)," Vermont Department of Health, State of Vermont, Retrieved on 3/26/2020)

病気の場合:家で安静にし、公共の場所への外出は控えてくださいください。

 

 

 

このavoidは「外出を控える」という時だけではなく、米連邦政府や州政府など公的機関がコロナ感染症対策を人々に告知するときに幅広く使われています。

 

「不要不急の旅行は控える」なら、

 

 

avoid nonessential travel

 

 

 

「不要不急の集まりは控える」なら

 

 

 

avoid nonessential gatherings

 

 

 

という塩梅です。

 

では、なぜrefrainではなく、avoidが使われているのでしょうか。ネットを調べてみますとこの二つの言葉がどのように違うのか、さまざまな説明がなされています。わかりやすいものを二つ紹介しておきます。

 

Avoid: To get or keep away from (as a responsibility) through cleverness or trickery.

賢明さ、あるいは策略によって(責任など)から離れる、または近づかないこと。

Refrain:To resist the temptation of.

誘惑に抵抗する。

(/thesaurus.plus/synonyms/avoid)

 

 

English Language and UsageというサイトにはCan “refrain” and “avoid” be used interchangeably for everything?(refrainとavoidは、すべてのケースで、相互に言い換えて使うことができますか)との質問がありました。

 

 

その回答の一つは、

 

 

No, of course they are not interchangeable for everything. They are different words. Two different words are by definition not interchangeable for everything.

いいえ、もちろんすべてのケースで互換できるわけではありません。二つは異なる言葉です。定義によれば、異なる言葉は、すべてのケースで互換性はありません。

 

Beyond that, refrain from refers to not doing something. Avoiding something is not the same. Avoiding doing something is less strong/absolute than refraining from doing it.

さらにrefrain fromは、「何かをしないこと」をさします。Avoiding somethingは同じではありません。何らかの行為に対してのavoidは、refrain fromよりも、強さが弱く、絶対的でもありません。

 

You can avoid overeating, but still overeat sometimes. If you really do refrain from overeating then you do not overeat, period.

食べ過ぎをavoidすることはできますが、それでも時々食べ過ぎてしまうことがあります。本当に食べ過ぎをrefrainするというのは、食べ過ぎはしないということです、終わり。

(answered Dec 4 '14 at 3:23)

 

 

 

と説明されてます。

 

ということは、avoidは「何かをしない努力目標」で、一方refrain fromは「何かをしない絶対的な状態」ということになります。

 

Please avoid going out.なら、「できるだけ外出は避けてください」と、努力目標を言っていることになり、

 

Please refrain from going out.は「外出はやめてください」と強い指示、命令になります。

 

 

 

今回のコロナ感染対策では、外出せざるを得ないこともあるという含みがあるためにavoid outings、avoid going outとavoidが使われていると考えられます。

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 3/26/2020)

 

ここで紹介した表現は、複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

ページトップに戻る