時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「検査を受ける」を英語で言う

2020年02月07日

 

 

 

血液検査とか、尿検査とか健康診断など医療関係の「検査」は通常testが使われます。

 

インフルエンザとかHIVなど感染症の検査を「受ける」という場合は、

 

 

 

get tested

 

 

 

という言い方が口語的で、よく使われています。

 

今の時期、インフルエンザも流行っているし、例のコロナウイルス感染が世界規模で広がっています。 熱があるし、咳もでる。インフルエンザにかかったかもしれない。ひょっとしたらコロナウイルスに感染しているのではと不安に思っている人も結構いるはずです。こうした情勢のためか、get testedはツイッター上でよく見かけます。

 

 

 

I went to urgent care and got tested, I'm positive for Influenza A.

 (Jaki, New York City, NY,USA Twitter 1/13/2020)

緊急診療に行って検査を受けました。インフルエンザAの陽性反応が出ました。

 

 

 

I got tested for the flu yesterday. I didn't have it.

(jacob whitesides, Nashiville, Tennessee, USA, Twitter 1/11/2020)

昨日、インフルエンザ検査を受けました。かかっていませんでした。

 

 

 

コロナウイルスがらみでは、こんなアメリカのジョージア州の女性がこんなツイートを発信していました。

 

 

 

 What's the procedure if you want to get tested for the coronavirus?

    (Alise Session,Cumming, Georgia, USA, Twitter 2/5/2020)

 コロナウイルスの検査を受けたい場合、どのような手続きをすればいいのですか?

 

 

 

ニューヨーク市は、ホームページ上でコロナウイルス感染情報を提供しています。このような記載がありました。

 

 

 

If you are experiencing symptoms and want to get tested, talk to your health care provider.

  ("2019 Novel Coronavirus," City of New York 2019)

症状が出ており、検査を受けたい場合は、医療従事者に相談してください。

 

 

 

これは「お役所」の文書ですから、get testedはかならずしもカジュアルな話し言葉限定ではないことがわかります。アメリカ政府の感染症対策・研究の中心機関CDC(疾病管理予防センター)のホームページにもこの言葉は使われています。

 

 

 

National HIV Testing Day (NHTD) is an annual observance to encourage people of all ages to get tested for HIV and to know their status.

("What is National HIV Testing Day? " GetTested,Centers for Disease Control and Prevention, U.S. Department of Health and Human Services, Retrieved on 2/7/2020)

全国HIV検査デー(NHTD)は、あらゆる年齢の人々がHIVの検査を受け、健康状態を知っておくことを奨励するための毎年の行事です。

 

 

もちろん「検査を受ける」の言い方は他にもあります。「尿検査を受ける」ならhave urine testsとか take urine testsという言い方や、undergo urine testsという少し、堅い表現の仕方もあります。また、testは動詞では「検査する」ですから、be testedと受身形なら「検査を受ける」になります。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 2/7/2020)

 

 

 

 

  ここで紹介した表現は、複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

ページトップに戻る