時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「資金繰りに苦しむ」を英語で言う。

2020年03月23日

 

 

「資金繰り」とは「お金のやり繰り」で、これにあたる英語はいくつかありますが、なんといってもfundingとfinancingが最適な訳語です。

 

fundingとは

 

money for a particular purpose (特定の目的のためのお金)

the act of providing money for such a purpose (こうした目的のために資金を提供する行為)

 

 

とOxford Learners’ Dictionaryには定義されています。Cambridge Dictionaryでも同じように

 

 

money made available for a particular purpose (特定の目的に使えるお金)

 

 

と定義されています。

 

 

「資金繰り」とは、特定の目的に必要な資金を確保することですから、fundingの定義に合致し、「資金繰りで苦しんでいる状態」はfunding difficulties (資金繰りの困難さ) と表現できます。で、「資金繰りに苦しむ」は

 

 

 

experience funding difficulties (資金繰りの困難さを経験する)

face funding difficulties (資金繰りの困難さに直面する)

 

 

 

という言い方よく使われています。

 

「資金繰りに苦しむ小企業が増えている」と言うのなら

 

 

An increasing number of small business are experiencing funding difficulties.

 

 

 

An increasing number of small business are facing funding difficulties.

 

 

 

 

An increasing number of という言い方は、日本語発想からはなかなか思いつかないのですが、「増えている」というときに英語では頻繁に使われています。

 

 

「資金繰りに苦労する」と言う場合、金融機関からの融資が受けられなくて困っているというニュアンスで言う時もあります。このときは、fundingよりも、「融資」「ローン」という意味もあるfinancingを使います。

 

「融資を受ける」はget financingで、「融資を受けるのがむずかしい」ならhave difficulties in getting financingとなります。

 

 

 

An increasing number of small businesses are having difficulties in getting financing.

 

 

 

も「資金繰りに苦しむ小企業が増えている」にあたり、金融機関などからの資金の調達で苦労しているという意味での「資金繰りに苦労している」が表現できます。

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 3/23/2020)

 

ここで紹介した表現は、複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

ページトップに戻る