時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「6月に結婚する花嫁は一生、幸せになれる」を英語で

2022年06月07日

 

「ジューンブライド」は日本語に定着しています。「6月に結婚する花嫁」のことで英語のJune bride/June Brideをカタカナ語にした言葉であることはよく知られています。「花嫁」のbrideは先頭を小文字にして表現することも、大文字にして表現することあります。

 

不定冠詞のaをつけてa June brideとするときも、June bridesと複数形でも使われています。

 

6に結婚する花嫁は一生、幸せになれる」を英語でいうなら、June bridesと複数形にして(「6月に結婚する花嫁」は一人ではないので)

 

 

June brides will be happy forever.

 

 

がよく使われます。「6月の花嫁は永遠に幸せである」「6月の花嫁はいつまでも幸せです」という言い方です。これが「6に結婚する花嫁は一生、幸せになれる」の英語発想での表現の一つです。

 

これを使った実例があります。

 

"There's a saying that June brides will be happy forever, which is perhaps linked to the month of June being named after Juno, the goddess of marriage and birth. Also, June is just a nice month to have a wedding!" (“Nuptial Ring Pillow (New Horizons)、” Nookipedia 5/30/2022; https://nookipedia.com/wiki/Item:Nuptial_Ring_Pillow_(New_Horizons)

「6月の花嫁はいつまでも幸せであるという言い伝えがありますが、これは6月が結婚と出産の女神ユノにちなんで名づけられたことに関連しているのでしょう。また、6月は結婚式を挙げるにはちょうどいい月でもありますよね!」

 

他にJune brideが実際にどのように使われているかを紹介します。

 

まずは、6月の花嫁になれたことを夫に感謝しているアメリカ在住の女性のツイッターです。

 

 

Dearest Niall, thank you for letting me be your June bride.( Angela, Charlotte, North Carolina, USA Twitter 6/20/2018)

最愛のニールへ。あなたの6月の花嫁にしてくれてありがとう。

 

 

次は「6月の花嫁になる」の実例。動詞はbecomeを使うかbe動詞で表現するかのいずれかが一般的です。まず、日本語話者には使いやすいbecomeを使った文から。

 

Did you know that the state of New York is the most expensive state to become a June Bride. (The LindseyCompany,Los Angeles, Twitter 6/28/2018)

ニューヨーク州は、ジューンブライドになるための費用が最もかかる州であることをご存知でしょうか。

 

これは、カリフォルニア州ロサンゼルスの金融サービス会社(financial service company)のツイッターです。

 

つぎは、be動詞を使った例。カナダのオンタリオ州に住む作家のブログから。

 

Ava wants to fulfill her dream of being a June bride.

("Daryl Devoré's Blog: September 2020," author, Canada 9/30/2020)

エヴァはジューンブライドになる夢を叶えたいと思っている。

 

次は、6月に結婚した米ミシガン州の女性のツイート。

 

 

I was a June bride.   June 1st.  15 years.  (Samantha, MSW, Catholic, Michigan, USA, Twitter 5/27/2022)

私はジューンブライドでした。6月1日です。(あれから)15年。

·

「6月の花嫁」の話はギリシャ神話、ローマ神話にもとづく伝説ですので、June brideはイギリス、アメリカなど英語圏のみならず、世界の人々が使っているのをSNSをみればわかります。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授/引野現代英語研究室 6/7/2022)

 

ここで紹介した表現は、原則として複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る